【復縁体験談06】共通の友人を利用し元カノと復縁!一定条件が必要

体験者インタビュー<インタビュー6>
ジョウさん 学生 20代前半
※復縁まで約2ヶ月


彼女とは話し合いで別れを決断

私には20歳の時に付き合っていた女性がいました。その女性とは私が20歳になった月から、約半年間付き合っていました。

付き合っていた半年間は、関係が最悪という状態にはなりませんでしたが、すれ違いが多く、最終的には別れてしまいました。別れる直前は度々喧嘩もありましたが、お互いを憎むということはなく、話し合いで別れを決断しました。

ですので、彼女のことは嫌いではなかったですし、彼女も私のことを嫌ってはいませんでした。関係を終えて、しばらく経った時に、私は彼女の優しさに気付き、復縁を望むようになりました。



復縁を言い出せず、共通の友人に協力を

しかし、お互い話あって決めたため、急に私から「復縁しよう」とは言いだすことができませんでした。それに、もしかしたら彼女はもう、他の男性に気が向いてる可能性もあり、その場合迷惑をかけてしまうと思い復縁を言いだすことはできませんでした。

そこで私がとった行動は”周囲から固めていく”ということでした。彼女と私には何人かの共通の友人がおり、私はその友人たちと仲良くしていました。

また、彼女のほうも私と別れた後にも、その友人たちと出かける機会が多かったらしいです。そこで、私はその友人たちを間接的に利用し、彼女への気持ちを伝える作戦にでました。



彼女から私のところへ連絡が!

その友人たちは恋愛話が好きで、日頃からその類いの話をしていました。私はもっぱら聞き役であり、自分の恋愛に関して話すということはほとんどありませんでした。

もちろん、その友人たちは私と彼女が付き合っていたという事実を知っていましたが、特にその話にふれることもなく、私も特にその話はしませんでした。

しかし、ある日私からその友人たちに彼女への思いを話してみました。日頃、そんな話をしない私でしたので、友人たちは真面目に話を聞いてくれました。

そして後日、友人たちから彼女へその思いが伝えられ、彼女から私のところへ連絡がきました。それからしばらく連絡をとり続け、最終的には復縁するという形になりました。



私の復縁方法は限られた条件下でしかできませんが・・・

当初、彼女がどういう反応をしたか、またどういう感情を私に抱いていたかは正確にはわかりませんが、復縁したという結果から彼女も少なからず復縁を望んでいたのかもしれません。

私の復縁方法は、きっと限られた条件下でしか行うことができません。その条件とは「別れる直前の関係が最悪ではない」、「共通の友人がいる」、「普段恋愛に関して話さない」ということです。

特に最後の「普段恋愛に関して話さない」ということは、言葉の重みを持たせる効力を発揮するので重要な要素です。



私の復縁方法のメリット・デメリット

また、私はメリットやデメリットに関しては考えていませんでしたが、もしあるとするならば、メリットはしっかりとした条件下ならば、ほぼ確実に復縁できるということ。

デメリットは復縁後には簡単に別れられないということです。復縁後に別れてしまえば、友人たちの信頼を失う可能性もあります。

友人たちは私の言葉の重みを信用して、復縁に協力してくれました。復縁しすぐに別れてしまう、特に私から別れを告げてしまうと、その友人たちからの信頼は激減するでしょう。

ですから、もしメリットやデメリットを考えてまで復縁を望むなら、しっかりとした計画のもとで行動することをおすすめします。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ